BENTOOL(ベンツール)がどんどん知名度を上げて愛用者が増えているようです。これだけ、多くの人に支持される理由はBENTOOL(ベンツール)に含まれるとある成分にあります。

 

私も愛用していますが、数週間使ったあたりからどんどん快便になってきたように感じます。今回はBENTOOL(ベンツール)に配合されている注目成分のうちの1つ短鎖脂肪酸について解説します!

 

 

BENTOOL(ベンツール)と言えば短鎖脂肪酸

 

短鎖脂肪酸

 

短鎖脂肪酸と言えば、最近テレビで注目の成分です。BENTOOL(ベンツール)には短鎖脂肪酸がたっぷりと配合されています。

 

 

短鎖脂肪酸ってなに?どれくらい凄いの?

短鎖脂肪酸とは

 

短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)は、難消化性炭水化物を腸内細菌が分解することによって産生されます。そもそも脂肪酸は有機酸の1つで、炭素と呼ばれる元素がいくつか鎖状に連なる構造を持っています。その炭素の数が6個以下のものを短鎖脂肪酸といいます。

 

腸内環境の改善に効果があると、テレビや雑誌で話題の成分です。

 

短鎖脂肪酸は、大腸の粘膜にあるセンサーを刺激して腸管の蠕動運動を促進します。また、小腸や大腸の上皮細胞を刺激してくれます。

 

・大腸のエネルギー源
・腸の蠕動運動を促進
・粘液の分泌、水・ナトリウムの吸収促進
・腸上皮細胞の増殖

 

など優れた効果が期待できます。

 

BENTOOL(ベンツール)は他メーカーの商品に比べても、短鎖脂肪酸を損なうことなく主成分として使用していますので、高い快便効果が期待できるのは当然のことですよね。

 

短鎖脂肪酸の増やし方

 

短鎖脂肪酸を増やすにはどうしたらいいのでしょうか。酪酸などの短鎖脂肪酸は、難消化性炭水化物を腸内細菌が分解することにより産生されるため、食物繊維の摂取が重要です。食物繊維には果物や海藻類などに多い水溶性と、豆類、穀類などに多い非水溶性がありますが、それらをバランスよく、またゆっくり時間をかけて食事をすることが大切です。

 

そのため、サプリメントとして毎日の食後に摂取すると効果的な短鎖脂肪酸を増やすことが可能となります。

 

効果的な手順は以下の通り、

 

1.豆、穀物、海藻など食物繊維が豊富な食材をよくかんで、ゆっくり食べる
2.ベンツールを摂取する
4.その際、水分補給もしっかり行いましょう。

 

寝ている間にも、吸収が進むため毎日の夕食後の摂取が最適です。

BENTOOL(ベンツール)は短鎖脂肪酸を高濃度で摂取できるため、
とにかくこの成分を増やしたいと思ったら最高の選択肢だと言えるでしょう。

 

 

短鎖脂肪酸をまだ試したことがない・・・

短鎖脂肪酸 初めて

 

「最近話題になっているけど本当に効果あるの?」「なんか騙されてるかもしれないから試したことは無いんだけど・・・」興味はあるんだけどなかなか手がだせないなんていう方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

私は心配症なので購入前には口コミなどの評判をくまなくチェックしています。今のところ、短鎖脂肪酸を使ってトラブルが出たという話は聞きません。

 

BENTOOL(ベンツール)はその他にも色々な工夫がされているので人生初の短鎖脂肪酸という方にはハードルが低めの商品であることは間違いありません。

 

 

BENTOOL(ベンツール)は短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)だけじゃない!

 

BENTOOL(ベンツール)には短鎖脂肪酸以外にも高級な成分が使用されています。

 

 

成分表を見ると

 

・18種のアミノ酸
・7種のビタミン
・17種のポリフェノール
・7種の長鎖脂肪酸
・ペプチド

 

など年齢とともに衰える機能をサポートしてくれる成分が含まれています。このような有効成分が含まれています。

 

 

BENTOOL(ベンツール)って使うとどうなるの?

 

BENTOOL(ベンツール)を使うと

 

・快便
・腸内環境の正常化
・肌のハリ・艶・弾力
・食生活の改善

 

などの腸の悩みに、加えて嬉しい副作用が期待できます。
一緒に快便を目指しましょう!

 

BENTOOL(ベンツール)の失敗談をこちらで紹介しているので興味があれば参考にしてくださいね。